マイナンバーの収集について

by author



企業においてマイナンバーは収集しなければならないものとなりました。
マイナンバーは社会保障、税金、災害などにおいて利用することを目的にその制度が始まり、今では国民に番号が与えられている状況です。


これら手続きにおいて番号が必要となってくるのですが、これは企業内での手続においても同様です。

企業では社会保険や源泉徴収票といった税金に関わる業務があります。

これらはすべて行政機関へ申請を行ったり手続きをすることになります。

企業においてマイナンバーが必要になるということは収集しなければなりません。

しかしそれは企業内で全て行う必要はなく外部に委託するという方法もあります。

マイナンバーの収集の情報を公開しています。

企業内で行うには個人情報保護や番号法などに定められた安全管理基準をまもらなければなりません。

それらに違反すると罰則もあるのです。
例えば担当者をきめて保管場所を決めるといったことや管理するシステムもセキュリティ対策などを行わなければなりません。
これら収集から管理まで企業内で行うためにはかなりのコストとリスクを負うことにもなります。



外部委託という方法の場合はそれらを専門に取り扱うことになり、これら安全管理基準をクリアしているところが行うことになります。


そのため企業内で新たに保管場所を作成したり、システムの管理や運用、セキュリティなどを見直す必要もなくなるのです。


マイナンバー収集や管理については企業内だけで考えるのではなく、外部に委託して管理を行うという方法もあります。

エキサイトニュース情報の比較検討にオススメの情報を集めました。