マイナンバーのBPOについて

by author



マイナンバーのBPO。BPOとは、ビジネス・プロセス・アウトソーシングの略語です。
企業の運営上の業務を当該業務を得意としている企業にアウトソーシングする事です。



マイナンバー制度は今年から本格運営されました。この制度は個人情報保護法・番号法・民法によって保護されています。


当該情報を保管・管理・運営する企業は厳格に当該情報を保管・管理・運営する義務があります。

マイナンバーのBPO情報を探しましょう。

しかし、この情報は法律が絡んできたり、セキュリティー上の問題でとても扱いが難しい情報です。

中小零細企業が当該情報を法律に順守して適切に保管・管理・運営するのは難しいです。

その場合に、当該情報を適切に保管・管理・運営を行える企業にBPOすると、費用・コスト面に優れて、更に、漫然のセキュリティーによって当該情報を保管・管理・運営します。

BPO行う当該企業は、マイナンバー情報の収集・登録管理・運用・印刷処理(マイナンバー情報が記載されている法定調書等)・情報の破棄・処分等まで全て対応します。

当該企業の人事部はほとんどタッチしないですみます。

当該情報は、機密性の高い独立区画で扱われます。

当然、最高レベルのセキュリティー対応しているOA機器を使用します。
また、その他の情報漏えいに関してリスクヘッジを行い、当該情報が漏えいしないように幾重にも対策を講じます。BPO自体が世界的に流行しています。
マイナンバーの保管・管理・運営も例外に漏れずに、多用されています。

All Aboutの口コミ情報を参考にしよう。