マイナンバーシステムを外部機能で

by author



マイナンバーは国民に与えられた番号のことで住民票のある国民にはすでに番号が与えられています。

これは社会保障の分野、税金の分野、災害などにおいて利用することで作業の効率化を行うこと、国民の利便性を高めることなどから制度として開始されました。


国民には通知カードという形で住民票住所に番号が届きます。



この通知カードは番号を知らせることはできますが本にであるかどうか別途免許証やパスポートなどによって本人確認が必要になります。


一方この通知カードより個人番号カードを発行することができます。

これは写真が付いたカードであり本人であることを証明することができるようになっているので、個人番号カードだけで本人確認まで行うことができます。
マイナンバーは会社でも管理する必要があります。


それは社会保険といった手続きや源泉徴収票などに番号を記載する必要があるためです。

納得のビジネスジャーナルを理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

マイナンバーの管理は従業員の人数が少なければさほど問題はありませんが、従業員の人数が多いとシステムで管理する方がメリットがあります。
ただシステムから情報が漏れださないようにしなければなりません。

マイナンバーは個人情報にあたるため漏洩によって悪用されるケースもあるためです。
マイナンバーを管理するシステムにはセキュリティを高めるなど安全管理措置が必要になります。

システムは自社で構築することもできますが、外部の機能を使用するという方法もあります。セキュリティの高い外部機能を利用するのも方法です。

マイナンバーのシステム情報について詳しく解説しております。